忍者ブログ
# 日本精工 6471 
2010/03/18 06:05
 主力の自動車用軸受けは中国など新興国向けが好調となっている。
 また、第2の柱と位置づける電動パワーステアリングも自動車の電動化が進み、09年4-9月期に
   39億円の赤字
だった営業損益は、4-12月期に
   15億円の黒字
に浮上した。
 なお、産業機械向けの回復の足取りこそ重いが、固定費削減も進み、自動車事業の営業利益率は過去最高レベルにある。
 10年1-3月期は生産水準も過去最高レベルへ回復する見通しであり、今10年3月期の営業利益計画80億円の達成確度は高いと予想される。

 軸受けは地域・車種別製品を投入し、なかでも成長性の高い新興国向けでは2013年3月期は 08年比5割増の需要増加を見込んでおり、注力方針を掲げて製品を差別化していくようだ。
   
    

拍手[0回]

PR

CATEGORY [ 未選択 ] COMMENT [ 0 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
<<イオン 8267 営業増益見通しを好感視 | HOME | 権限縮小の岐路>>
コメント
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]